マインド・サイエンス独自の催眠療法

公式ウエブサイト

 マインド・サイエンス
 独自の催眠療法とは…。
 

 
 ”心の病”やどうしようもない”精神的な苦痛”は治せます!!

貴重な人生を、諦めないでください!!
あなたが現在直面している苦痛の根本原因を明らかにして、治すことができるのです。
過去にどこかで催眠療法を受け、治らなかった方も、催眠にうまく入れなくて諦めた方も、“心の病”や“心の諸問題”は治すことができるという事実を理解してください。
どうか、諦めないでください!!
ぜひ、私のウェブサイトや新刊著書:脳科学・遺伝学に基づく「催眠療法」(知道出版)などの著書類を読んでいただき、諦めることはないのだと、希望を抱いて欲しいのです。
これまでは、望んでも無理だと、自らに言い聞かせるように諦めて過ごされていたかもしれません。
でも、改善できる道はあるのです。乗り越える方法があるのです。
もう一度、幸せな未来の夢を心に抱いてみてください。
もう、悩まなくて良いのです。
あなたが望むなら、変えられない人生はありません。全てが可能なのです!
 
催眠療法といえば、どのようなことをするのか不安で躊躇される方も多いかもしれません。
また、催眠をかけられることで、意識がなくなり、別人のように変わってしまったらどうしようといった、過剰な心配や不安なイメージを抱かれる方もいらっしゃいます。
しかし、そうした様々な誤解を、正しい知識を得ていただくことで解消し、払拭して、今のあなたに必要なことに安心して取り組んでいただけると確信しております。
 
人は自分に必要な状態に変わることができます!!
しかし、催眠状態に誘導して暗示を与えただけでは、それによる一時的な変化をそのまま持続させることは無理なのです。
“心の病”や“精神的苦痛”は、それらを作り出しているいくつかの原因となるものがあります。
これらの原因を無視して単に暗示だけで症状を永久に消し去ることは無理なのです。
再発しないように原因を解消し、心の状態を変え、心の病を治し、人生をもっと良いものへと変えるためには、暗示以外のいくつかの心への働きかけが必要です。
 
なぜ暗示だけでは不十分なのでしょう?!
 
人は同じストレス状況に置かれても、その時の反応は様々です。
そうした個人差によって、トラウマ(心的外傷)の多様性が生じます。
個人的な違いは、環境要因と遺伝要因によって成長過程で形成されていきます。
“トラウマ”と呼ばれる心の諸問題の原因となっているものは、親子関係での愛着障害などの環境要因と生まれ持った気質などの遺伝要因などといった、一般的には症状が起こった原因とはみなされていない世界に存在しているのです。心の病や精神的苦痛を根本から治すためには、こうした真の原因(背後に存在している原因)に焦点を当て、改善する必要があるのです。心のさまざまな病気を生み出している背後の原因には親子間の愛着問題(愛着障害)が背後に絡んでいる場合が多くあります。心の問題の改善に、このことにもぜひ焦点を当てていただきたいと思います。
また“トラウマ”と呼ばれる心の傷は、私たちの脳内の情動系(大脳辺縁系など)に形成されます。これは、脳内の様々な部位の脳細胞に深い痕跡を残しています。
心を変えるということは、私たちの心に刻まれた痕跡の中から不適切な部分を修正し、それらを再構築する過程を意味します。

私たちの脳機能は、遺伝と環境の影響を受けて形成されます。あなたが持って生まれた性格や能力、そして両親や周囲の環境によってどのように育てられたかは、人間関係や環境への反応に大きく影響を与えます。

このため、個々人の心の状態を深く理解し、それを改善するためには、催眠療法(心理療法)や催眠性暗示などの手法を適切に適応することが重要です。こうしたアプローチは、遺伝的特性と生育環境の両方に根差した心の状態に対処するために必要です。

 
長期にわたる精神的苦痛(ストレス)は“脳細胞”にダメージを与え、“脳機能”に悪影響を及ぼします。
心の問題を解決させるためには、脳の働きの原理を無視した精神論だけでは解決できません。
脳科学の知識に基づいた、正しい理論と合理的な働きかけが必要なのです。
 
まず初めに、
”トラウマ”と称される“心の傷”は、様々な症状や苦痛を引き起こしています。
これらの多くは、意識されていない過去の記憶や抑圧された感情に起因しています。
PTSD(心的外傷後ストレス障害)という“心の傷”による後遺症も同様で、直接的な暗示だけでは解消できません。
これは、暗示だけを受けても、症状を引き起こしている心の中の背後に存在する真の原因が解消されないためです。

心の深層部へ視点を移し、無意識と呼ばれる領域に働きかけるためには、適切な暗示だけではなく、理性的意識による無意識領域の理解、整理、そして感情の納得も必要です。

これがなければ、人の心は容易には変容しません。(理性の理解、感情の納得


人が変わるということは、現実や人との関わりにおいて、これまでとは異なる対処の仕方を学び、修正することにより、環境に対する反応の仕方が変わることを意味します。(認知の修正)
さらに、脳内のダメージをしっかりとケアしてやる作業も必要となります。


“心の傷”とは、どのような結果を生じさせる傷でしょうか?
心の傷は、脳の細胞(ニューロン)が形成するネットワークの異常、細胞の萎縮、及び神経伝達物質の分泌バランスの崩れといった、脳機能の不全を引き起こすことがあります。これらの変化は、学習、記憶、感情調節に関わる神経回路に影響を与え、さまざまな心の問題や精神疾患を引き起こす原因となります。
 
心の病がどのように治せるのか、なぜ治せるのかを説明する前に、まずは脳について少し触れてみましょう。
 
伝えたいことがたくさんあります。
 
少々長い説明となりますが、どうか読み続けてください。
なお、読むことが困難な方はお電話ください。 直接、必要な内容に絞って、説明させていただきます。
 
あなたの心の民代が、治せるということを理解していただきたいのです!!
 
人の心は、脳の活動によって生み出されています。
最近の技術的進歩により、脳の活動や疾患部分を視覚的に見ることが可能になっています。これにより、心という精神の複雑な働きが、実は脳の高次機能と脳内伝達物質などに密接に関連していることが明らかになってきました。
ゲノム解析の飛躍的進展により、心を分子生物学の分野で捉えることも可能になり、遺伝要因と環境要因の影響も論じられるようになりました。
例えば、脳内の神経伝達物質セロトニンを増やすことで、「うつ」や「強迫観念」、「不安」などの症状が軽快することが知られています。
また、脳内の状態はfMRIやPETなどを用いて詳細に観察できるようになっています。
そして、これらの症状を生じやすい傾向が、生まれつきの気質と生育環境によって左右されることも明らかになっています。
しかし、遺伝的影響は決定的ではなく、努力によって変えることも可能です。



私たちが子供時代に、もし記憶に残っていない慢性的なストレスに曝されていたとしたら、そのときの脳内ではどのような現象が起きていたのでしょう。
子供時代のトラウマは、成長過程で脳内の神経細胞に不適切な回路網を形成し、思考や判断、感情の表出などの精神世界に悪影響をもたらします。
また、脳内神経伝達物質の不安定な分泌やストレスホルモンの過剰分泌によって脳細胞の受容体に悪影響が及び、情動系(大脳辺縁系)の混乱を招きます。
これにより、自律神経系と内分泌系のストレス反応が引き起こされ、さまざまな心の病や身体的な疾患が生じます。

 
私たちは、なぜ特定の感情を抱くのか、なぜ特定の決断を下すのか、なぜ特定の気分になるのか、しばしば理解できません。
これらの感情や判断、決断はすべて、意識できない情動系(大脳辺縁系など)から生じています。
こうした無意識の感情に逆らうことは困難です。
自分の感情傾向を理解し、適切にコントロールするためには、脳の前頭前野が自己の感情傾向を理解しておくことが不可欠です。
したがって、自分の情動系に形成されたトラウマの認識が必要です。
人はしばしば、心の内部から湧き上がる感情に支配されています。そして、その心の内部には、乳幼児期から成長過程で経験した些細な感情や不安、恐怖などの情動が、その人独自の形で保持されています。


“無意識”とは、意識することができない脳機能の世界です。


では、心で生じる感情を意識化するとはどういうことでしょうか。
たとえば、脳の情動系で発生する喜怒哀楽、好き嫌い、恐怖などの感情や本能の情報は、脳神経細胞(ニューロン)の軸索を通じて視床を経由して前頭葉に伝達されます。
しかし、情動系での電気刺激が約500ミリ秒以上持続されたときに初めて、前頭葉にその電気信号が伝達され、その感情を意識化することができます。
つまり、脳内で起こっている感情の大部分は、わたしたちには意識されていないのです。
電気信号の世界では、500ミリ秒は非常に長い時間です。
ほとんどの情動はもっと短い時間で処理されます。そのため、ほとんどの感情は意識されません。今まで多くの方々は、このような脳内の現実を知りませんでした。

 
しかし、サブリミナル効果という言葉を聞いたことがあるかもしれません。約1/100秒という短い時間で映像が繰り返し示されると、脳は意識化できないままその映像の影響を受けます。
そのため、脳のこのような現象を利用したコマーシャルは法律で禁止されています。
しかし、トラウマの心への影響はこの原理と同様であり、外部からの刺激によって脳内の情動系が瞬時に作動し、意識化されないまま反応し続けるため、心はトラウマの影響を受け続けています。
0.1秒以内の短い時間であっても、脳内で繰り返されるネガティブな感情は、心の中(脳内)で繰り返され、無意識の中に形成されます。私たちの日常生活で繰り返される不満や怒り、嫉妬、落胆などの情動ストレスは、通常は前頭葉で制御され、比較的短い時間で穏やかな心理状態を取り戻しますが、ストレスが強い場合やトラウマが関連している場合は、簡単には治まらないことがあります。
情動系で繰り返される感情はなかなか静まらず、特にトラウマが原因で発生している場合、トラウマを作った出来事と情動の記憶が抑圧されているため、理性の場である前頭前野では情動の興奮を抑える正当な理由が見つからないのです。
また、情動系の持続的な強い活動は、脳内のCRHというホルモンが大量に分泌され、前頭葉への血流を阻害するため、血流がない前頭葉は完全に機能しなくなります。その結果、理性による感情のコントロールが不可能な状態になります。

 
たとえば、子供時代に親に対して「もっと自分のことを見てほしい」「かまってほしい」と望んでも十分な満足を得られずに諦めて成長した場合、自分ではその問題が「諦めることで解決した」と思っていたり、成長とともに昔のことは「別にどうでもいい」と感じていたりしても、意識されない心の世界ではその欲求は繰り返され続けているか、出番のチャンスをうかがっています。
その子供時代の満たされなかった要求は、対象を変えて、自分にとって大切な人との関係において無意識的に要求されるようになります。
しかし、その要求の仕方が本質的には子供時代の再現でしかないため、自己主張ができず、相手には理解されず、一人で悩んだり、相手に対して不満を持つようになることがあります。
または、相手に強く要求して相手を困惑させ、苦しめることもあります。
自分の心の働きが自覚されていないために、自分の無意識の要求を満たしてくれない相手を責め、自分自身も不満と困惑に苦しんでいる人が多くいます。そのように人の心の中では、ほとんど意識されないままさまざまな欲求が渦巻いています。

しかし、悩むことはありません!!
こうした一例においても、改善して“もっと良い人生”を歩むことができるのです!!

人は、自分の心で生じる世界のほんの一部分のみを意識化して、人生を送っています。
昔から心の状態は、海に浮かぶ氷山に例えられています。この比喩では、意識は氷山の一角に相当し、その水面下には広大な無意識の世界が隠れています。
別の言い方をすれば、「無意識の世界」とは、意識では捉えにくい脳の深い部位の働きであり、前頭前野(理性)がすべてを関知できない状態での情動と本能の世界です。

こうした情動系の混乱(認知的不協和)が脳内でストレスを作り“心の病”や“精神的な苦痛”や“不適切な人間関係”を作り出しているのです。
 
現在、脳科学が急速に進展する中で、 “心の病”が確実に脳にダメージを与えていることが明らかになってきました。
以前から心理学で研究されてきた「心」という概念も、今や脳の高次機能として理解できるようになっています。

 
心理学で分析されていた理性や感情、さらには深層心理の無意識なども、人間の脳が生み出す高次機能として説明可能になっています。
今日、私たちが“心の病”で精神的、身体的な症状に苦しむ際、どの部分の脳が異常な興奮を起こしているのか、どの脳細胞にダメージがあるのかといったことが特定できるようになっています。

 
現代医学の診断機器の進歩により、これまで心理学的アプローチしかできなかった多くの心と脳の疾患に対して、外科的治療の方向性が見えてきました。
しかし、脳のダメージを修復するために積極的に外科手術を受けたい人は少ないでしょう。薬による緩和はあっても、治療とは言えませんし、副作用もあります。

 
しかし、心配する必要はありません。長期にわたる心の病で脳にダメージがあっても、外科手術や薬物治療以外の方法が存在します。
ストレスの原因を特定し、それを解消することで、私たちの脳細胞は回復可能なのです。回復には個人差がありますが、催眠を用いることで、壊れていない神経細胞と新しいネットワークを形成することも可能です。
よほど手遅れになっていない限り、治せる見込みは十分にあります。
 
もともと私たちの脳細胞は、成人後には毎日約10万個の脳細胞が壊れていると言われていますが、脳細胞の総数が非常に多いため、それが全て無くなるまでには何百年もかかります。
しかし、長期的なストレスによる脳細胞の破壊は避けるべきです。そうしないと、多くの心身の疾患が引き起こされます。慢性ストレスが脳に与える影響は非常に深刻ですが、修復可能な部位もあり、多くの予備の脳細胞があるため、希望はあります。

 
 
ゆえに、マインド・サイエンス独自の催眠療法があるのです。

どのような状態に陥っている人でも、希望を捨てない限り“もっと良い人生”を生きられるのです。
決して諦めないで欲しい!! と心から願っております。
心の病の修復・改善は「催眠」が作り出す脳内変化が非常に効果的です。
心をストレスから解放し、脳のダメージに対処して、脳を少しずつ正常な状態に戻し、心の病や精神的苦痛を治すことはそう簡単なものではありませんが、私はこれまでずっと独自の催眠療法で治療してきました。
もし今、あなたが精神的な悩みに苦しんでいるなら、一日も早く苦痛から解放され、元気になって、生きがいある人生を歩んでほしいと思います。

 
皆さんが正しく効果的な催眠療法を受けられることを心から願っています。
正しい知識に出会えば、心の病や苦痛から救われるために、迷いや不安を抱かずに、治癒への積極的な行動が取れます。
脳科学の進歩に伴い、これまでの暗示中心の催眠療法のあり方を根本から見直し、本当に役立つ催眠療法を世に示す必要があると考えています。

 
昔から指摘されてきた催眠療法の欠点とは、強引に、または繰り返される催眠下での暗示により、何らかの症状が消えてもその効果は一時的であり再発してしまうことが多々あることや、治ったかに見えた症状が別の症状として現れたり、違う場所に転移するという現象です。
これは、脳の働きが十分に理解されていなかった昔、トラウマの本質や気質による症状の多様性、脳機能や脳神経伝達物質の役割が無視されていたために起きたことです。昔のやり方だけでは、治らない場合も当然あったのです。

 
たとえば、深い催眠状態に導かれた人が催眠術によって「あなたは動物です」と暗示を受けたとしても、その人はその後動物として生き続けることはありません。
なぜなら、その人に内在する人間としての自我が、催眠を解かなくても、時間の経過とともに催眠時の暗示の影響を消し去ってしまうからです。
それと同じ心の原理で、トラウマという症状を作り出している根深い原因やその他の要因を心の深い中に残したままでは、人は症状から解放されることはありえません。
どんなに強力な催眠の暗示を与えたとしても、催眠暗示だけでは、一時的に抑えられるだけで、深いトラウマが存在している場合やその他の原因によって、時間の経過とともに症状を再発させるか異なる形に変容させるでしょう。
これは、深層心理学的にも脳科学的な視点でも、症状を作り出している原因をしっかりと捉え、原因の解消が十分になされていない結果なのです。
心(脳)の機能を考慮して、催眠性暗示だけではなく、理性と感情に適切に働きかけ、心に理解と納得をさせてやることで原因(トラウマ)をほぐし、心のしこりが取り除かれるのです。

理性の理解、感情の納得が必要です。


正しい理論のもとで行う催眠療法は、治った症状が再発しない理想的な治癒技術なのです。
あなたが、心の問題から解放されて、生きがいのある人生を送っていただきたいと心から願っております。


マインド・サイエンス独自の催眠療法における昔からの理論は、最新の脳科学を研究すればするほど見事に裏付けされています。
心の病による脳細胞のダメージや壊死、脳内ホルモンの調整、自律神経失調の調節などは、マインド・サイエンス独自の理論によってトラウマなどの原因を排除し、心の状態を楽にしてやれば、ストレスも抑制され、正常な精神状態が戻ってきます。
催眠の理論とテクニックを個人の総合的特性に合わせてうまく活用すれば、健全な心身を取り戻せるのです。


マインド・サイエンス独自の催眠療法により なぜ “心の病は治せる”のか、ご理解いただけたと思います。
さらに“治せるのだ”という現実に確信を抱いていただくためには、このホームページ全体をサラッと目を通していただくことで、細部にわたる内容もより深くご理解いただけると思います。
 
マインド・サイエンスで実施する催眠療法は、脳科学に裏付けられた「独自な理論」であり、退行催眠の手法を使って過去に形成されたトラウマを見つけ出し、なぜそのような環境や出来事がその人にとって深い心の傷となり、今も影響を続けているのかという真の原因を追究します。
人は同じ環境や同じ精神的苦痛によって、同じ病的な結果を生むことはありません。

心の病を治すため、またはどうしようもない精神的苦痛から解放されるためには、その原因とその背景を明確に理解する必要があります。
このような理解をもとに、新しい生活態度や視点、適応戦略を学ぶことで、同じ問題が繰り返されないようにすることができます。
その過程で、自分自身の性格や弱点を正確に認識し、他人の評価に過度に依存する生き方ではなく、自分に合った心地よい生き方を見つけることが重要です。

 
そのような気づきと改善(認知の修正)は、マインド・サイエンスにおける心理療法と催眠状態を活用して実施します。
催眠状態における変性意識(催眠性トランス)では、先述したように、感情(情動系)へのアプローチが容易です。これにより、情動系の異常な興奮を抑制し、症状を緩和することが可能となります。
また、トランス状態では、意識による反発が少なく、悟りに近い形での受け入れが容易なのです。

退行催眠を通じて明確にされた過去の記憶と感情(トラウマ)は、催眠性トランス状態下での適切なカウンセリング(心理療法)を受けることで、前頭葉によって整理され、今後の人生に影響を与えない単なる過去の出来事の記憶として認識されるようになります。
ここで重要なのは、マインド・サイエンスの独自の催眠療法と、その適切な心理療法の内容、そして巧みな催眠の活用技術です。
これは、脳の理性と感情に対する効果的な催眠テクニックです。


マインド・サイエンス独自の催眠療法は、深い催眠状態を必要とせずに、催眠性暗示を脳に効果的に働きかけることが可能です。この方法は、一般に催眠に入りにくいとされる人々にも十分な効果を発揮できす。


また、適切な心理療法は、トラウマなどによって生じた歪んだ適応機制を修正し、個々の人に最適な適応手段へと導きます。
このような指導を受けることで、ストレスによる脳の悪影響を防ぎ、精神的苦痛や心の病、PTSDに悩む必要がなくなるでしょう。

現代の脳科学に裏付けられた理論と技術、そして新たな遺伝学の知識を用いて、最適な催眠療法を施すことで、意識と感情の健全な関係を回復し、無意識の葛藤や混乱を整理することができます。
これにより、さまざまな心の問題や疾患を解決することができます。どうぞご信頼いただき、お任せください。

 
長文をお読みいただき、誠にありがとうございました。
 
 
関連サイト   催眠療法における理想的状態   直接会わないといけませんか?   脳科学・遺伝学の基づく「催眠療法」