マインド・サイエンス独自の催眠療法

公式ウエブサイト

心の病を治すために、必要なこと。

 
 
心の病を治すためには、脳の機能と働きを理解し、
それに基づいて行動することが不可欠です。
 
心の問題は身体的な疾患と異なり、軽視されがちですが、悪化してしまうと生活の質だけではなく、人生全体に悪影響を及ぼします。
こうした事態に陥らないための必要なことを以下に列挙しますが、もし既に心の病や精神的苦痛が悪化してしまっていたら、早急に、その原因を明確にして治すための手段を講じることです。
そのために、マインド・サイエンス独自の催眠療法があります。

 
 
精神的な健康状態は、脳の機能と状態に密接に関連しています。心の病を治療し、回復するためには、これらの機能と働きを正常に保つことが重要です。
 
適切な睡眠:
私たちが眠るとき、脳は日々の情報を整理し、脳の神経回路を修復します。睡眠不足は脳機能を乱れさせ、精神的な健康に影響を及ぼします。適切な睡眠は、脳機能を正常化し、精神的な健康を保つために不可欠です。

 
適度な運動:
運動は、神経成長因子(BDNF)という脳の成長と修復を助ける物質の放出を刺激します。これは、脳の神経細胞の健康と新たな神経細胞の成長を促進し、心の病の症状を軽減します。

 
栄養バランスの良い食事:
脳は体の全エネルギーの約20%を消費します。オメガ3脂肪酸、ビタミン、ミネラルなど、脳の健康に必要な栄養素を摂取することで、脳機能を最適化し、心の病を予防することが可能です。

 
ストレスの管理:
長期的なストレスは、脳の扁桃体という部分を過度に活性化させ、恐怖や不安の感情を引き起こします。リラクゼーション技法や自己催眠などのストレス管理技術を用いることで、この影響を緩和し、心の健康を維持することができます。

 
社会的な繋がり:
社会的な繋がりは、脳の報酬システムを活性化させ、ポジティブな感情を引き起こします。これは、心の健康を保つ上で重要な役割を果たします。

 
心の病は、複雑で深遠な問題ですが、これらの行動を通じて、脳の健康を維持し、心の病からの回復を促進することが可能です。
それぞれの行動は、脳の異なる部分と働きに影響を及ぼし、心の健康をサポートします。
 
 
関連サイト  催眠に入れないと効果は得れないのでしょうか?  脳科学・遺伝学に基づく「催眠療法」