マインド・サイエンス独自の催眠療法

公式ウエブサイト

  脳の活動が心を生み出す。 

 
私たちの心は、脳の複雑な活動から生み出されています。
これは、神経科学と心理学の研究が次々と明らかにしてきた事実です。
 
まず、私たちの心とは何か、という問いに答えるためには、心は感情、思考、意識、そして個々の認識と経験といったものを包括する概念であることを理解する必要があります。これらすべての要素は、脳の様々な部位と、その部位間の相互作用から生まれています。
 
脳は約860億のニューロン(神経細胞)から構成され、それぞれが数千の他のニューロンとつながっています。これらのニューロン間の接続は、電気的および化学的信号を通じて情報を送受信します。そして、この壮大なネットワークの活動が、私たちの思考や感情、記憶、意識といった心の機能を生み出します。
 
たとえば、私たちが恐怖を感じるとき、それは扁桃体という脳の部分が活性化するからです。扁桃体は、危険な状況を判断し、適切な反応を引き起こす役割を担っています。
また、私たちが愛や幸福を感じるとき、それは脳内の報酬システムが働き、ドーパミンという化学物質が放出されるからです。
 
さらに深掘りすると、私たちが物事を記憶するとき、それは海馬という脳の部分が作用しています。海馬は新しい情報を記憶し、それを長期記憶として脳の他の部分に送る役割を担っています。私たちが過去の経験を思い出すとき、それは海馬がその情報を再び利用可能にするからです。
 
また、私たちが物事を理解し、論理的に思考するとき、それは前頭葉が活動しています。前頭葉は抽象的な思考や計画立案、問題解決などの高度な認知機能を支えています。
 
そして、私たちが感覚情報を処理するとき、それは大脳皮質の感覚領域が働いています。視覚、聴覚、触覚など、私たちが世界を感じる方法はすべて、大脳皮質によって解釈され、理解されています。
 
これらの事実から明らかなように、私たちの心は脳の活動と密接に関連しており、その活動が心を生み出しているのです。