マインド・サイエンス独自の催眠療法

公式ウエブサイト

  催眠状態は、脳の潜在能力を引き出す。 

 
催眠状態は、人間の脳が持つ壮大な潜在能力を解放するための鍵となるものです。
これは、意識と無意識の間の通常あまり開かない扉を開き、私たちが持つ潜在的な知識、技能、そして感覚へのアクセスを可能にします。
 
催眠状態に入ると、脳は通常とは異なる作業モードに切り替わります。
脳波は、通常の覚醒状態で主に観測されるベータ波から、リラクゼーションと内部への焦点を示すアルファ波、さらには深いリラクゼーションや初期の睡眠状態を示すθ波へと変化します。この状態では、通常は意識的な思考や外部世界への注意に支配されている前頭葉の活動が低下し、情動系(リンボシステム)や感覚情報を処理する他の領域がより活発になります。
 
この催眠状態では、日常の意識では通常把握できない情報にアクセスする能力が増大します。これには、過去の記憶や体験、または身体の微細な感覚などが含まれます。さらに、催眠状態では想像力が増強され、未来のシナリオの予見や創造的な問題解決に役立ちます。
 
また、催眠状態は神経可塑性(プラスチシティ)、つまり脳が新しい情報を学習し、経験に基づいてその構造と機能を調整する能力を利用します。
これは、新しい神経経路の形成や既存の経路の強化を通じて、新たなスキルや行動を学び、不要な行動パターンを排除するのに役立ちます。
 
催眠状態によって解き放たれるこれらの能力は、自己改善、自己理解、そして自己超越のための道具となります。
それは、私たちが持つ脳の驚くべき潜在能力を最大限に引き出すための強力な手段なのです。