マインド・サイエンス独自の催眠療法

公式ウエブサイト

動画で催眠の扉を開く
心の探求を始めましょう!

このサイトでは、催眠療法と催眠術の世界への入口として、 様々な
動画をご紹介しています。
催眠の基本から応用、それらがいかに心と脳に影響を及ぼすかについての深い洞察を提供します。
催眠療法と催眠術の違いを理解し、その効果がもたらす心の変容と改善のプロセスを詳しく解説しています。
マインド・サイエンスの動画コレクションを通じて、自己発見と精神的な成長の旅をサポートします。
催眠の脳に及ぼす神秘を解き明かし、心の深層に潜む無限の可能性を探求しましょう。
催眠療法の参考になる動画
ドスぺ!という土曜日のスペシャル番組の中で放映されたトラウマ解消の催眠療法、催眠に関する東京電機大学その他での検証です。
   
この動画では、幼少期に家庭環境で過度の緊張を経験し、それがトラウマとなった結果、人からの精神的圧力を感じる状況で過敏に反応してしまうケースを紹介しています。


この動画では、バナナを食べられない女性が抱えるトラウマの原因を解消し、バナナを食べられるようになる過程を紹介しています。
何かが苦手である、または特定の食べ物を受け入れられないなどの深刻な悩みは、必ず心の深層(無意識領域)に原因があります。このような原因を理解し対処することなくしては、問題を完全に改善することは困難です。
 
この動画では、納豆を食べられない男性が食べられるようになりたいという願いを叶える過程を紹介しています。ただし、個人のプライバシーを保護するため、その具体的な原因については動画内で触れられていません。

 

この後は恐怖症を治すための動画を数点紹介します。

多くの恐怖症は、過去の精神的トラウマに深く根ざしており、その存在に自分では気づいていないものです。
そうした原因が症状を引き起こしている現実を、動画を通じてご理解ください。心理的要因を解決することにより、恐怖症は克服できます。
個人差はありますが、生まれ持った気質も症状の程度に影響を与えることがあるため、それらを考慮した対応も重要です。
 
高所恐怖症、閉所恐怖症、パニック症、先端恐怖症、動物恐怖症などです。

 
   
   
高所恐怖症の克服に関する3点の動画と又吉直樹氏を催眠に入れて、動物嫌いを解消した動画です。
番組の中ではカットされていましたが、催眠状態の中で、小学生の時に犬に追われたという怖かった経験などのいろんな過去の思い出を語られていました。
   


上の動画は、閉所恐怖症の克服前編・後編と、あるトラブルをきっかけに20年間パニック症に悩まされてきた人が、催眠療法を受けて症状を改善していく過程を紹介しています。
 
意識下に潜む過去の心情記憶が現実に与える影響は深く、私たちの行動や反応に無意識に作用しています。これらの様々な動画を通じて、そうした影響の実態を実感されて下さい。
 
※この後も動画を随時追加していきます。

次にご紹介するのは、催眠術に関する動画です。

催眠術は、永続的な効果を持続させる催眠療法とは異なり、一時的に脳の機能に変化をもたらすテクニックです。
催眠状態の時、被催眠者は意識があり、催眠術師の誘導に従って反応します。しかし、催眠術のショーなどを外部から見ると、被催眠者は意識がないように見え、何の抵抗もなく催眠術師の指示に従っているように映ります。
 
催眠術の世界は、人の脳機能の変化によって成り立っています。通常、人の脳は強い抵抗がない限り、催眠暗示を受け入れる傾向があります。

これらの動画で、催眠術の不思議な世界をお楽しみ下さい。

ドスペ!という土曜日のゴールデンタイムに放映されたスペシャル番組の中の催眠術です。催眠の世界をお楽しみ下さい。
   
   

この動画は、講演依頼を受けた際に約100人の聴衆が集まった会場で撮影されました。ここでは、催眠術に半信半疑だった参加者に催眠をかけ、その体験を実際にしてもらった様子が映されています。

この動画は、TVのディレクター達と一緒に街角の公園に出向いて、そこにいる人たちに催眠術をかけた時のものです。

この後は、いくつか遊びの催眠術をご紹介します。

スキマスイッチのお二人と、アナウンサーの方が急に連絡を入れて催眠体験にいらっしゃいました。番組ではカットされていましたが、スキマスイッチのお二人と催眠を行い、新曲が頭に浮かぶなどの催眠体験もしてもらいました。アナウンサーが好きな人の名前を告白したのは、ディレクターの強い要請によるものでした。通常、私はそのようなことは決して行いません。

※この後も動画を随時追加していきます。