マインド・サイエンス独自の催眠療法

公式ウエブサイト

人の中で食事ができない

 
 周りに人がいると食事ができない、無理に食べると吐き気や実際の嘔吐が生じる、外出先で一人でも食事が困難な時がある...これらの問題に直面し、なぜ自分はこのような状態になるのかと戸惑いながら悩んでいる方々がいます。
 
 このような心の病や精神的な問題の背景には、必ず、無自覚な原因が存在しています。
 
 自分で思い当たるレベルの原因ではなく、自分では気づけない心の問題が心の深層領域に存在し、これらの症状を引き起こしているのです。
 
 そのような深層の原因(トラウマや内面的なストレス)を明らかにし、適切な手段で改善に取り組むことで、これらの症状は治せます。
 
 過去の特定の出来事や体験が引き起こす、これまで自覚することが無く忘れ去っていたような幼い頃の内面的なストレスや不安が、無意識に身体的な症状として現れている場合もあります。また、食事とは全く関係がない原因もあるのです。
 
 また、会食時などの特定の状況や食物に対する無意識の恐れや抵抗感(例えば食中毒の経験や食事関連の否定的な体験)などが無自覚に関わっていることもあります。
 
 いずれにせよ、なぜかわからない様々な症状に苦しんでいる場合、それが身体的な原因でなければ、意図せぬ思い込みや抑圧された感情や解決されていない心の問題が、身体的な症状を引き起こしているのです。
 
 これらの問題に向き合い、根本的な原因を解消することで、食事時の不安や恐れのみならず、現在苦しんでいる問題を克服し、安心して生活を楽しむことができるようになるのです。
 
 お気軽にご相談ください。そして、もっと良い人生を取り戻して下さい。