マインド・サイエンス独自の催眠療法

公式ウエブサイト

催眠療法とは何ですか?

 
催眠療法は、心の中の様々な問題や症状を探求し改善するために、催眠という特別な意識状態を用いた心理療法です。この療法では、リラックスした深い集中状態に入ることで、私たちの意識が日常とは異なる内向きな状態になり、普段は意識しない無意識の領域にアクセスします。このようにして、心が開かれ、内面の深い自己探求が可能になります。


催眠状態にある時、私たちは普段以上に感受性が高まり、新しい考え方や解決策を受け入れやすくなります。この状態を利用して、催眠療法家は相談者の過去の経験や、問題の根源となっている思考パターン、行動に焦点を当てます。そして、心の奥深くにある問題の原因を明らかにし、そこから前進するための新たな視点や解決策を一緒に探ります。


催眠療法はただのリラクゼーションテクニックではなく、専門的な訓練を受けた療法家が行うべき繊細なプロセスです。この療法を通じて、自己理解を深め、心の痛みや苦悩に向き合い、より健康的で前向きな生き方を見つける手助けをすることができます。

 

 
関連サイト  マインド・サイエンス独自の催眠療法とは  脳科学・遺伝学に基づく「催眠療法」  催眠状態の価値