自己催眠の習得

 
自己催眠の習得は、人生を変えるための非常に強力なスキルです。この力を手に入れることで、あなた自身が心と身体のガイドとなり、自己啓発と成長を進めるための内的な力を発揮できるようになります。自己催眠を学ぶことで、人間の深層心理に蓄えられている驚異的な潜在能力に触れることができ、人間の成長と変革を促すための力強いツールとして利用できます。
 
まず、自己催眠を通じて得られる最も重要な利点の一つは、自分自身の思考パターンや行動パターンを見つめ直し、改善を図る能力です。人間の性格は遺伝や環境により形成されますが、自己催眠を使えば、これらの性格の側面を磨くことが可能となります。それはつまり、より良い自己認識と自己理解を得ることで、より充実した生活を送ることができるということです。
 
さらに、自己催眠は過去のトラウマや持続的なストレスからくる心の痛みを解消するための素晴らしい手段です。これらの問題は、私たちの日常生活において恐怖、不安、抑うつといった感情を引き起こし、私たちの潜在能力を抑制し、個々の可能性を制限します。しかし、自己催眠を使用することで、これらのネガティブな感情を手放し、自分自身の心を癒すことが可能になります。
 
さらに、自己催眠は自己意識と無意識の間のギャップを埋める助けとなります。私たちの思考、感情、行動は意識と無意識の間で起こるため、このギャップを埋めることで、自己理解を深め、自己の世界をよりよく理解し、それに適切に対応する力が育まれます。
 
また、自己催眠はあなたの生活の質を向上させるための道具でもあります。これは、自分の生活、人間関係、キャリアなど、日常生活のあらゆる面において、より健康的で満足度の高い結果を生み出す能力を与えます。それは、ストレスの管理、集中力の向上、自信の増強、意志力の強化など、あなたが目指す目標に向かって進むための具体的な力を手に入れることを可能にします。
自己 催眠を学ぶことは、自己理解と自己改善のための助けとなります。
自己催眠状態を表現する女性の顔の画像
そして、自己催眠の技術を身につけることで、あなた自身の可能性を最大限に引き出し、理想の自己を創造するための力を手に入れることができます。
 
あなた自身の内なる力と可能性を解き放つための旅に出てみませんか?自己催眠がその旅のガイドとなります。
催眠状態での脳への刺激は、自身の内なる声やひらめきを自信を持って的確に受け取る能力を高めるために重要です。
 

 
 
催眠、特に自己催眠は、深いリラクゼーション状態と高度な集中状態を引き起こす方法で、これにより意識的な思考や自我のフィルターが緩和され、無意識の領域により直接的にアクセスすることが可能になります。これは、意識的な自己制御や分析的思考が一時的に遠ざけられ、感じる、想像する、そして新しいアイデアや行動に対する開放性が高まる状態を指します。
この状態において、人は普段ならば抵抗や懐疑心を持つかもしれない新しい思考や行動に対して、より受け入れやすくなることがあります。例えば、自己催眠のセッション中に「私は自信に満ちている」というアファメーション(自己暗示)を繰り返すことで、この新しい信念を自己像の一部として無意識に受け入れ、自信を持つ行動を取ることが自然になる可能性があります。
このような過程は、脳のニューロプラスティシティ(神経可塑性)を利用しています。新しい思考パターンや行動は、脳の神経回路を再構築することで形成されます。これは時間と繰り返しの実践を必要としますが、自己催眠はこのプロセスを助け、自己改革や治療目標の達成に寄与することがあります。
 
自己催眠と瞑想(マインドフルネスなど)との違いについて
瞑想はどのようなものであっても向かない人が存在します。じっと同じ姿勢を保ち続けることが苦手な人には役立ちません。しかし、自己催眠はどのような姿勢でも短時間でも訓練していけます。そこが大きな違いでしょう。
 
 
関連サイト  マインド・サイエンス独自の自己催眠  オンライン(Skype,Zoomなど)での習得