マインド・サイエンス独自の催眠療法

公式ウエブサイト

催眠状態がもたらす人生への価値

催眠状態に慣れ親しむことは、人生の中で特別に価値ある経験の一つといえます。なぜなら、この状態に馴染むことで、私たちは普段意識的にはアクセス困難な、心の深い領域に触れる扉を開くことができるからです。
それはまるで、広大な海の表面だけを泳ぐのではなく、その深層部まで潜り、未知の美しさや秘密を探求するようなものです。

 
催眠の下での自己探求は、自分自身の本当の感情、欲望、潜在的な能力を再発見するための有効な手段となります。
そして、これらの深い理解は、日常生活の中での決断、感情の管理、さらには夢や目標への追求をより明確かつ意味深くする助けとなります。

 
また、催眠状態は、過去のトラウマや心の傷を癒すプロセスにおいても非常に役立つことが多いのです。
過去の出来事に対する新しい視点や理解を得ることで、私たちはより積極的で健全な未来を築くことができるようになります。

 
このように、催眠状態に慣れることは、人生の質を向上させ、自己の成長や発展を助ける鍵となるものです。
それは単なる技法や方法論を超え、自分自身との深いつながりと理解を築く旅路ともいえるでしょう。

 

催眠状態に慣れると、具体的な催眠誘導の手順を踏むことなく、以前に経験した催眠状態を思い出すことで脳が反応し、自然と催眠状態に入ることができるようになります。
このプロセスは「自己催眠」と呼ばれ(瞑想の一形態)、多くの恩恵をもたらします。  自己催眠の価値