マインド・サイエンス独自の催眠療法

公式ウエブサイト

愛着障害

 
人生を見つめるとき、成長過程における経験(選択や出来事など)がいかに現在、未来に対して大きな影響力を持っているかを認識することが重要です。
幼児期の環境と経験が今の自分を形作るだけではなく、未来にも深い影響を与えるのです。
 
幼児期における脳の成長過程で形成される神経回路は、脳内で深く根ざし、時間とともに確実に成熟して強固となります。このことは、将来にわたって継続的な影響を与え続けます。
 
子供時代や、記憶に残っていない幼児期の体験がどれほど大きく脳内に刻まれてその後に影響を与え続けているかを見誤ってはいけないと思っています。
 
イギリスの精神科医ジョン・ボウルビィ(John Bowlby)が提唱した愛着理論(アタッチメント理論)は、人々が生涯を通じて安全で安心感のある関係を築く基盤に関する心理学の一分野です。この理論は、主に子供とその養育者(通常は母親)との関係に焦点を当てていますが、成人のパートナーシップやその他の人間関係などにも適用されます。
 
ボウルビィは、子供が生き延びていく上で「安全な基地」を提供する養育者に対する愛着が極めて重要であると強調しました。この愛着が、子供が危険や不安から逃れ、探索や学習を行いやすい環境を形成する基盤となります。
さらに、自分は愛される存在だという安心と確信によって、自己肯定感の形成に密接に関わり、他者との対人関係にも大きな影響を与えるのです。
 
もし現在、小学校時代や中学校時代から人間関係でうまくいかずに悩んでいる、または何らかの形で生きづらさを感じ続けているのであれば、自身の生育環境を客観的に再評価し、愛直障害からの解放を目指す努力が求められます。
 
どんな悩みも一人で抱え込まないでください。遠慮せずにお気軽にご相談ください。心は距離や場所に関係なく、オンラインを通じて繋がることができます。このつながりが、あなたの未来を「もっと良い人生」へと導く手助けになるでしょう。
 
 
具体的なボウルヴィの愛着理論(アタッチメント理論)についての分類や詳細は以下の関連サイトで詳しく説明します。
関連サイト  愛着スタイル  学童期の愛着障害  成人の愛着障害  内的作業モデル  愛着障害