マインド・サイエンス独自の催眠療法

公式ウエブサイト

その他の様々な心の病や精神的苦痛を治す

 
心の病、すなわち精神疾患にはさまざまな症状が存在します。
一般的に知られる症状以外にも特殊な症状があり、これらは特に不安や心配を伴うことでしょう。
 
どの様な心の病(精神疾患)による症状であっても、病院での治療や投薬が効果を示さない場合は、精神的な原因を考慮する価値があります。
 
特殊な症状が現れ、それが身体的な疾患や外的な要因から来るものでないと判断された場合、背後に潜む精神的ストレスやトラウマの可能性を探ることが重要です。
 
人の過去の経験やトラウマは、現在の身体的・精神的な状態に大きく影響することがあります。それが、心の病や特異な症状の原因となることも考えられます。
 
生きてきた過去の出来事を深く理解することで、現在の症状の背景や原因を突き止め、それを改善する手がかりとなることもあります。
催眠療法はそうした原因の解明と改善に役立ちます。
 
どのような症状であっても、過度に恐れる必要はありません。ただし、早めの対処が回復を早める鍵となることを忘れないでください。
 
諦めないでください!!
マインド・サイエンス独自の催眠療法で、改善のための方法を追求していただくことを心から願っています。
どの様な症状であっても、お気軽に、ご相談ください。

 

「心の病」とは、一般的な表現で、精神的不調や苦痛を指します。身体症状が伴っている場合が多いでしょう。
「精神疾患」は、医学的診断基準に基づく疾患カテゴリで、DSMICDなどの分類に従って診断されます。
「精神病」は、精神疾患のうち、現実の認識が乖離しているか、重大な思考・認識の障害を伴う疾患を指すことが多いといえます。典型的には統合失調症や一部の重度の双極性障害など、幻覚や妄想を伴う状態が「精神病」として認識されます。
「精神病」は医学的な正式な診断名ではなく、上述のような特定の症状群を持つ疾患を指す概念として使われます。
DSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)やICD(International Classification of Diseases)は、精神疾患を診断するためのガイドラインや基準を提供しています。
しかし診断が、異なる医師間で変わることは珍しいことではありません。確定的な診断や治療方法に不安や疑問がある場合は、セカンドオピニオンを求めることも一つの選択肢となります。