個人情報保護方針、及び守秘義務について

 
マインド・サイエンス 個人情報保護方針
 

  1. 基本方針
    マインド・サイエンスは、お客様からお預かりした個人情報を適切に取り扱うため、その管理に細心の注意を払っています。

  2. 個人情報の収集範囲
    マインド・サイエンスの提供するサービスをご利用の際、必要最低限の個人情報を収集いたします。収集した情報は利用目的を超えて取り扱うことはございません。

  3. 匿名性の確保
    サービスの利用時に本名や住所の提供は必須ではありません。ニックネーム等、識別不能の情報でも対応可能です。

  4. 個人情報の利用範囲
    メールアドレスや電話番号等の情報は、緊急時や必要に応じた連絡のためのみに利用します。取得した個人情報は、第三者に漏らすことは一切ありません。

  5. 安全管理
    マインド・サイエンスは、個人情報の安全かつ正確な管理を実施します。不正アクセスや情報の紛失・破壊・漏洩・改ざんを防止するための適切な安全対策を講じます。

  6. 第三者への開示・提供の禁止
    個人情報は、法令に基づく場合を除き、第三者に開示・提供いたしません。

  7. コンプライアンス・プログラムの策定・運用
    個人情報保護に関する内部コンプライアンス・プログラムを策定・運用し、関係者への周知・徹底を図ります。

  8. 個人情報の削除及び資料としての利用に関して
    個人情報の削除を希望される場合は、ご連絡をお願いいたします。確認の上、迅速に対応させていただきます。また、一定期間の無連絡時には、個人情報は自動的に削除される場合があります。なお、相談内容などは個人を特定できない形での資料として残す場合がございます。これにつきまして、了承をお願いいたします。

  9. 絶え間ない改善
    個人情報保護に関する取り組みは、絶えず見直し・改善を行います。関係者全員で個人情報の適切な管理と利用に努めます。

 
 
コンプライアンス・プログラムについて
マインド・サイエンスは、事業活動の中で法令遵守と高い倫理観を持って行動することを最優先とし、この姿勢を持続的に実践していくことを誓います。そのために以下のコンプライアンス・プログラムを策定し、順守してまいります。

  1. 法令のリストアップ:業務運営に関連する法令や規則を定期的に確認し、その内容を把握します。
  2. 法令遵守の確認:関連する法令や規則の遵守事項を定期的に自己評価し、必要に応じて改善措置を講じます。
  3. リスク評価:業務上のリスクを定期的に評価し、それに基づく予防策や対応策を準備します。
  4. 外部の専門家との連携:必要に応じて、外部の専門家やコンサルタントと連携し、コンプライアンスの確保を図ります。
  5. 継続的な改善:コンプライアンス・プログラムは、業務の変化や環境の変動に応じて、定期的に見直しと改善を行います。

マインド・サイエンスは、このコンプライアンス・プログラムを心から尊重し、常に適切な業務運営を目指してまいります。